B
E
Y
O
N
D
C
A
F
E
View
7,440

[vol.7]「後悔しない人生にしよう」ーーBEYOND CAFEで本気になった経験が、岡見悠平さんの自信に変わった#卒業生インタビュー

Detail
2018/10/16
特集:BEYOND CAFE STORY

大学生バックパッカーとして、世界を飛びまわった岡見悠平さん。「やりたいことはなんでもチャレンジする!」という彼は、BEYOND CAFEのインターンにも挑戦しました。

株式会社シーエー・モバイルに新卒入社後、株式会社サイバーエージェントへ転籍し、現在は営業職にて、多忙な日々を過ごしています。今回は、インターンで学んだことや現在の仕事についてなど、いろいろなお話を伺いました。

 

「自分の人生に後悔はないのか?」と自問自答した

ーー学生時代は、バックパッカーとしていろいろな国に行かれたんですよね。

大学1年生の頃から、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカなどを旅しました。大学4年生のときには、休学をして世界一周にも挑戦したんです。安全な場所だけでなく、テロや内戦のある国にも行きましたね。


▲旅先の人たちとも、すぐ友達になるという岡見さん。
 
 
ーーテロや内戦のある国は、危なくなかったんですか?

正直、危なかったと思います(笑)。でも、そういう危ない地域にも友達がたくさんいたんです。「自分にもできることがあるんじゃないか」と思って、厳重な警備をくぐり抜け、友達の元に行きました。

ーー友達思いなんですね。実際に行ってみてどうでしたか?

衝撃的でした。目の前で死にそうな人がいたり、具合の悪そうな子どもを抱きかかえた人がいたり…。生まれてはじめて、命の儚さを突き付けられましたね。

それがきっかけで「今まで、死を覚悟して生きてきたか?」「自分の人生に後悔はないか?」と自問自答したんです。そして、これからは120%の力を出して、全力で生きようと決意しました。

ーー旅での経験が、岡見さんの人生観に影響を与えたんですね。

そうですね。帰国してからは、「いつ死んでも後悔しないように」という思いを込めて、遺書を書きました。「死」を意識したからこそ、もっと自分のやりたいことに挑戦しよう、出会う人を大切にしよう、という気持ちが強まったんだと思います。

 

目標達成のために、本気になった

ーー世界一周のあとは、なにをしていたんですか?

さまざまなことにチャレンジしていました。「夢選考」という若者が将来の夢を語るイベントに参加したときに、BEYOND CAFEの人たちと出会ったんです。話をしているうちに、意気投合してしまって……気づいたら、BEYOND CAFEで働いていました(笑)。

ーーどんなところが気が合うと感じたんですか?

「誰かを幸せにしたい」と、本気で思っているところですかね。いい意味でおせっかいなところにも強く惹かれました。そんな人たちと一緒に働きたいと思い、インターンを始めたんです。


▲BEYOND CAFE卒業時の岡見さん。
 
ーーインターンで一番心に残っていることを教えてください。

「来月、契約が取れなかったら、BEYOND CAFEをやめる!」と宣言したときのことですかね。僕は、就活イベントを企業に提案する「営業」を任されていたのですが、そのときの契約数は0。このままじゃダメだと思い、自分を追い込むために宣言しました。

ーーストイックですね…。

「これくらいできないで、自分になにができるんだ」と思っていたんですよね。その目標を達成するため、大学に通いながら深夜まで働くこともありました。周りの人たちが、親身になってサポートしてくれて本当にありがたかったです。

ーー結果は、どうだったんでしょうか?

無事に、契約を取ることができました!BEYOND CAFEの人たちも、泣いて喜んでくれたのを覚えています。学歴や能力は人それぞれですが、本気でやれば、目標を達成することができることを学びました。本気でがんばってよかったです。
 

「精神的に、すごく強くなったと思う」

ーー社会人になって半年ですが、実際に仕事をしてみてどうですか?

好きな人たちと働けているので、すごく楽しいです。1年目から大きな仕事も任されているので、充実感があります。自分のベストを尽くせるように日々勉強していますね。

ーー大きな仕事を任されると、プレッシャーがすごそうですね。

もちろんプレッシャーはありますが、それよりも「お客さんを喜ばせたい」「結果を出したい」と燃えている気持ちの方が強いんです。先輩たちにサポートしていただきながら、頑張っています。

ーーBEYOND CAFEでの経験が、生かされた場面はありましたか?

目標のために本気になった経験は、大きな自信になっています。辛いことや大変なことがあっても「本気でやれば、乗り越えられるから大丈夫」と思えるようになりましたね。精神的に、すごく強くなったと思います。

ーー今の目標を教えてください。

今は「新人賞」を目指して頑張っています。サポートしていただいている先輩たちへの恩返しのためにも、受賞したいんです。受賞できるように、本気で仕事に向き合いたいと思います。

 

後輩に向けてのメッセージがあればお願いします!

まず、自分の可能性を信じてほしいです。僕は勉強が得意な方ではなかったですがそんな僕でも、自分に合った会社に入社できました。僕は「人の可能性は無限大」だと思っています。

そして、一人で抱え込まないことも大切です。支えてくれる人には、思いっきり頼りましょう。「頼れる人がいない」と悩んでいる人は、BEYOND CAFEに行くといいと思いますよ。あなたのことを助けてくれる仲間が、必ずできるはずです。まずは、目の前の一歩を踏み出してくださいね。応援しています!

 
BEYOND CAFEや仕事に対する、熱い気持ちを語ってくれた岡見さん。いつも本気で生きている彼は、とても輝いて見えました。「どうせ自分なんか」と思っている人も、なにかと本気で向き合えば、きっと素敵な未来が待っているはずです。

関連記事

おすすめ記事

B E Y O N D
Previous
[vol.6]レバレジーズ最年少執行役員に聞く!若手社員を導き「成長」させる企業とは?
Next
[vol.8]「仕事は頼った方がうまくいく」ーーひとりで突き進んできた笹川舞衣さんが、BEYOND CAFEで気づいた仲間の大切さ#卒業生インタビュー