B
E
Y
O
N
D
C
A
F
E
View
968

[vol.8]「仕事は頼った方がうまくいく」ーーひとりで突き進んできた笹川舞衣さんが、BEYOND CAFEで気づいた仲間の大切さ#卒業生インタビュー

Detail
2018/10/23
特集:BEYOND CAFE STORY

好奇心旺盛で、学生時代はさまざまなジャンルのダンスを続けてきた笹川舞衣さん。就活が終わったあとは、BEYOND CAFEのインターンに興味を持ち、メンバーとして働いていました。

現在は、株式会社電通デジタルの新入社員として、新しい仕事に向き合っています。今回は、インターンで学んだことや今の仕事への思いなどを、赤裸々に語ってもらいました。

 

「失敗を恐れずに、やりたいことにチャレンジする」

ーー学生時代は、ずっとダンスをやられていたんですか?

4歳から大学3年生まで約12年間、ずっとダンス漬けの日々でした。チアやロック、ジャズ、あとは新体操など様々なジャンルのダンスにチャレンジしていましたね。

ーーいろんなダンスが踊れるなんて、かっこいいですね!

ありがとうございます!正直、ダンスのジャンルを転向するときはけっこう大変でした。特に大変だったのは、大学3年生の引退間近に、ジャズダンスに転向したときです。

入っていたダンスサークルには「引退までひとつのジャンルを踊り続ける」という暗黙のルールがあったので「あと半年で引退なのに、なんでジャンルを変えるの?」と、陰で言われてしまうこともありました。

ーー陰口を言われるのは辛くなかったですか?

むしろ「実力で見返す!」と燃えましたね(笑)。ジャンルを転向してからは、今まで以上にダンスに打ち込みました。親に怒られながら、4日連続で深夜練をしたこともあります。最終的には、サークルのみんなから認めてもらえて、とてもうれしかったです。


▲サークルでダンスを踊っていたときの笹川さん。
 
 
ーーその経験をしたことで、自身の変化はありましたか?

ジャンルを転向したあとの日々は本当に楽しくて、失敗を恐れずにチャレンジしてみてよかった、と思いました。元から「やりたいことには挑戦する」という信念を持っていましたが、より一層その気持ちが強まった気がします。

「相手に歩み寄ること」の大切さを学んだ
ーーサークル引退後はなにをされていたんですか?

引退後は、就活に向けて動き出しました。BEYOND CAFEのイベントに初めて参加したのも、サークルを引退してすぐでしたね。BEYOND CAFEの人たちが、ときに優しく、ときに厳しく相談に乗ってくれたおかげで、就活を無事に終えることができました。

ーー就活後は、BEYOND CAFEでインターンをされたんですよね。

はい。大好きな人たちに「一緒に働こうよ!」と誘われたのがうれしくて、インターンを決めました。いつも楽しそうなBEYOND CAFEの人たちと一緒に働くことで「仕事の楽しさ」を学びたいとも考えていましたね。


▲BEYOND CAFE卒業時の笹川さん。
 

目標達成のために、本気になった

ーー具体的には、どのような仕事をしていたんですか?

就活イベントを企業に提案する「営業」と、就活生の相談に乗る「キャリアアドバイザー」の2つの仕事を経験しました。特に、キャリアアドバイザーの仕事では、よく壁にぶち当たっていた記憶があります。就活生たちが求めるものよりも、自分のおすすめを優先してしまって、うまくわかり合えなかったこともありました。

ーーどうやってその壁を乗り越えたんですか?

信頼関係を築くために、就活生たちに「私になにをしてほしいか」をじっくりと聞きました。少しずつ就活生たちが心を開いてくれるようになり、うれしかったです。その人に合わせた面談をするよう心がけ、結果的に自分のやりたかった「就活生のポテンシャルを引き出す面談」ができました。

ーー相手に寄りそうことで、いい面談ができたんですね。

うまく信頼関係を築けるようになって、本当によかったです。BEYOND CAFEのインターンでは「相手に歩み寄ること」の大切さを学びました。一方的になるのではなく、その人の求めるものに答えることが大事なんだと思います。

 

「ひとりでできないことも、誰かと一緒ならできる」

ーー社会人になって半年ですが、実際に仕事をしてみてどうですか?

半年たって、やっと仕事が楽しいと思うようになりました。自分で考えて行動していく仕事が多いので、毎日刺激的でおもしろいです。ただ、変化が激しい業界なので、置いていかれないかいつもヒヤヒヤしていますね…。

ーー変化が激しい業界って、大変そうですよね。

幸運なことに、私は大変なときに燃えるタイプなので…(笑)。最近は、毎日ひたすら勉強に力を入れています。本を読むのはもちろん、先輩の提案や報告をボイスレコーダーで録音して勉強することもありますね。早くひとりでバリバリ仕事をこなせるようになりたいです。

ーーBEYOND CAFEでの経験が、生かされた場面はありましたか?

人を頼れるようになって、かなり仕事がしやすくなりました。昔は、親にも相談できないくらい、自己完結型の人間だったんです。BEYOND CAFEのインターンでは、他の人の意見を聞いたり、アドバイスをもらったりしたことで、いい仕事ができました。その経験から「ひとりでできないことも、誰かと一緒ならできる」ということを知りましたね。

 

後輩に向けてのメッセージがあればお願いします!

就活は、個人戦だと思われがちですが、実はチーム戦です。友達でも先輩でもいいので、まずは「就活を乗り越える仲間」を増やしてください。私は、BEYOND CAFEに通うことで、たくさんの仲間に出会いました。仲間たちとに一緒就活をするのは、とても楽しかったですよ。

就活では、壁にぶつかることも多いと思います。そんなときは、恥ずかしがらずに仲間に相談しましょう。自分だけじゃ考えられないことも、だれかと一緒に考えることで、新しい道が開けるはずです。BEYOND CAFEの人たちは、どんなことでも相談に乗ってくれるので、困ったらいつでも会いにいってみてくださいね。

 
笹川さんは仲間と協力することで、就活やインターンを乗り越えてきました。「就活で孤独を感じている」と思っている人は、思いきって身近な人に相談してみましょう。あなたのことを助けてくれる仲間が、必ずいるはずですよ。

関連記事

おすすめ記事

B E Y O N D
Previous
[vol.7]「後悔しない人生にしよう」ーーBEYOND CAFEで本気になった経験が、岡見悠平さんの自信に変わった#卒業生インタビュー
Next
[vol.9]弾ける笑顔に秘められた過去。学歴がなくても、みんな活躍できる社会を!