B
E
Y
O
N
D
C
A
F
E
View
186

休学することのメリット・デメリットって?1年休学した僕が徹底解説する

Detail
2019/02/15
コラム

休学 メリット デメリット

休学することのメリット・デメリットって?1年休学した僕が徹底解説する

こんにちは、Beyond Cafeインターン生のたけしです!

「大学4年間が自分にとっては短すぎる」
「就活目前にして何も話せることがないから休学して何か挑戦したい」
「大学生活が思ったよりつまらないから新しい環境に行きたい」

休学しようか迷っている人は上記のように悩んでいる人が多いのではないでしょうか。

実際僕自身も大学3年の夏頃になって就活を意識しはじめた時に「このまま学生生活でがんばったこともないまま就活して、うまくいくのか?」ということに不安を感じて休学を決意しました。

実際に休学してベンチャー企業で1年間インターンをしていた僕の経験をもとに休学することのメリット・デメリットをまとめてみました。

休学を検討している人、休学って実際どんな感じなのか気になっている人の参考になればと思います!

休学することのメリット

休学 メリット デメリット
時間が増える
1年間を自分の挑戦したいことに費やせます。

学校があると、時間的、金銭的に制限があったりしてできないこともあるけど休学すると大学の時間を丸々やりたいことに当てられます。

僕は1年間ベンチャーでインターンをしていました。

周りの休学している友人もインターンを理由に休学している人が多かったですが、留学を理由に休学している人もちらほらいました。

プログラミングをしてアプリやサービスを立ち上げたり、留学、ワーホリなどで言語を学んだり異文化に触れたりなどなど、大学の授業ではできないことに存分に挑戦できます。

変わった友達ができる
『類は友を呼ぶ』ということわざの通り、休学する人の周りには同じように休学する人や、留学する人、起業したことのある人が集まったりします。

実際に僕の周りで休学する人が多かったし、僕が休学するのがきっかけで同じように休学する人もいました。

また、インターン先のつながりで会社の社長さんに会えたりと色々な価値観の人と出会うことができました。

どれも普通に就活してたら会えてなかったような人たちばかりです。

そんな変わった人たちと話すと刺激をもらえたり人脈が広がったりはもちろんですが、単純に話してて楽しいんですよね。

自分自身と向き合える
時間がある分考えることが増えます。

「なんで休学したんだっけ?」
「将来どんなことをやりたいんだろう?」
「自分って本当はどんなやつなのかな」
・・・などなど。

ふとした瞬間に色々なことを考え始めます。

そうして自分と向き合うことで将来どんな仕事に就くと幸せになれるのか、などを考えることがいわゆる就活の自己分析に繋がってたり。

自分がどんな人間なのかをしっかり考えるととて行きやすくなると思います。

就活でも有利になる
増えてきたとはいえそもそも休学する学生自体が少ないので、面接官にはほぼ100%なぜ休学したのかについて聞かれます。

休学って他の学生に比べて物珍しいので面接官の印象に残りやすいんですよね。

その時に休学中に頑張っていた取り組みをしっかり話せるとかなり有利になるでしょう。

また、企業としても働いことがない人よりも、実際に企業で働いた経験がある人の方が入ってから仕事ができそうに感じそうですよね。

あとは上のことにもつながりますが、休学してると自然と自分のことについて考えるようになるので面接などで色々聞かれても答えられる、っていうのもある意味メリットですね。
 

休学することのデメリット

休学 メリット デメリット
ここまでメリットについて書いてきました。

「休学って最高じゃん!」って思う方もいるかと思いますが、冷静になってしっかりデメリットも把握しておきましょう。
卒業が1年送れる
単純に卒業が遅れます。(笑)

同じ時期に入学した友達と一緒に卒業できないし、最後の1年間に同期がいないのは寂しい・・・

後輩と仲良くないと最後の1年間が寂しくなる可能性もあります。

目的が明確でないと無駄な1年になる
時間があるとはいえ、目的などをしっかり設定しないと無駄な1年間になります。

得たいもの、休学中にしたいことをしっかり設定し、1日、1週間、1ヶ月スパンで振り返りを重ねていくのがおすすめです。

僕自身インターンが忙しくて目標を設定し振り返ることができていなかったので休学を100%生かすとができなかったなと思います

お金がかかる
大学によるけど、休学したい!といったらすぐに「いいよ!」とさせてもらえるわけではありません。

僕の大学では年間10万円の休学費用と、書類の提出が必要でした。

学部によっては面接があって、かなり休学の理由を詰められることもあるみたいです。

大学によってかなり違いがあるので制度をしっかり調べる必要があるので注意してください。

また、そのほかに1年間の生活費もかかります。

食費、交通費がバカになりません。

僕は実家だったのでかからなかったですが、休学して上京する場合は家賃などもかかります。

休学する場合は収入源を確保することと、必要であれば家族にしっかりサポートしてもらうことが大事です。

自律できないと堕落に限りがない
休学中は大学がないので、めちゃくちゃに自由です。

それこそ1日中YouTube見てぐうたらすることもできちゃいます(笑)

そんな時に危機感を持たせてくれる人もいません。

全て自己責任です。

安易に「休学すればやりたいことが見つかりそう!」と思って休学中に何をやりたいかが決まってないまま休学することはおすすめできません。

自分で選択することが大事

休学 メリット デメリット
ここまで休学することのメリット、デメリットについて書いてきました。

僕自身は休学することで色々な経験ができたし、普通の大学生活を送っていたら会えないような人たちと出会えたりしたので休学して本当によかったと思っています。

ただ、『自分で考えて決断する』ということを忘れないで欲しいです。

休学することはとても大きな決断です。

「誰かがいいとか言ってたから・・・」など人の意見に流されて休学しても休学してから充実した生活を送れないと思います。

この記事を始め、休学することについての情報収拾をすること自体は大事ですが、最後に決めるのは自分自身。

後悔しない選択肢を自分自身で選んでいって欲しいと思います。

この記事を読んだあなたが後悔しない選択をできることを応援しています!

関連記事

おすすめ記事

B E Y O N D
Previous
休学してまでインターンする意味あるの? 1年休学してインターンした僕が徹底解説
Next
キャリア支援を行うBEYOND CAFEが、全国の2021年卒学生120名を集めた合同インターンイベントを3月30日(土)から始動。